ボトックス注射は小顔ケアに効果的【特徴を知っておこう】

女の人

ボトックスは実績が重要

カウンセリング

症例写真を見てイメージ

ボツリヌス菌を製剤したボトックスには筋肉を弛緩させる作用や汗腺組織への発汗コントロール作用を持つと言われています。また、エラボトックスは小顔を作り出す事が出来るなどからも、自分の顔は人よりも大きい、みんなで写真を撮影した時などは自分だけ顔が大きく見えるなどのコンプレックスを持つ女性などの救世主と言えましょう。エラボトックスは顔の筋肉を小さくする美容施術で、注射で小顔を作れるなどからも人気が集まっているわけです。駐車だけで顔が小さくなる。メスなどを使わないので顔に傷が残らない、麻酔も使わないため施術が終われば入院などをする事なく帰宅する事も可能です。ダウンタイムが要らないのもエラボトックスの魅力とも言えます。小顔になる原理は、エラの筋肉に薬剤を注入すると弛緩作用が生じます。弛緩は筋肉の緊張を和らげるもの、この作用が起きると筋肉は小さくなり小顔の状態を作り出せるなどになります。筋肉が小さくなるとエラ部分は細くなるため、小顔になれるわけです。しかしながら、顔に注入する薬剤は医薬品であり副作用のリスクがありますし、ボトックスはA型ボツリヌス毒素と呼ぶ毒から抽出を行った成分になっているなどからも顔に注入して良いものなのか不安や疑問を感じる人も多いと言えます。国内の病院で利用が行われている薬剤は厚生労働省が認可した製剤であり、副作用のリスクなどについて治験の中で確認が行われている安心して利用が出来る医薬品です。もちろん、医薬品になるのでいくつかの副作用が生じる事もありますが副作用は薬剤の効果が弱まると同時に元の状態に戻るなど安心です。但し、病院の中には安い薬剤を利用しているケースもあります。例えば、中国や韓国などで生産が行われたものは安全性においても完全な確立が行われていませんし、厚生労働省が認可を行っているものではないと言います。値段だけで決めてしまうと希望通りの美容施術にならないなどのリスクもあるわけです。基本的には日本の厚生労働省が認可を行っているボトックスを利用している病院を選ぶ事、美容施術は自由診療扱いになるため費用は病院により差があるため費用の比較も大切です。また、エラボトックスなどの小顔施術は効果がない事もありますし、続けていると効き目が悪くなる、食べ物を噛み砕いた時などエラ部分が不自然に膨らんでしまう、術後に腫れが生じる、内出血や痛みを伴う副作用が起きるケースもあると言われています。美容整形外科や美容皮膚科はそれぞれウェブサイトを用意して病院選びを行う人々へのアピールを行っています。施術メニューが分かりやすい料金形態が明確になっていると安心して美容施術を受ける事も出来るわけですが、ボトックスは持続効果が生涯続くわけではありませんし、持続効果は投与する量や個人差を持ちます。ホームページの中には施術を受けた患者さんの症例写真が掲載してあるケースが多くありますが、症例数が多い病院は実績を多く持つため、エラボトックスのリスクが小さくなる、小顔の効果も高くなるなどのメリットに繋がって来ます。また、症例写真を見る事でイメージ作りが出来るなどのメリットもあるわけです。